ibstpi 研修マネージャコンピテンシー調査(日本語版)

本調査の目的はibstpi 研修マネージャコンピテンシー(発揮される行動能力/職務遂行能力)の範囲を決定し、研修マネージャとして活動する人にとって最も重要なスキルをコンピテンシーに関連するパフォーマンス記述(具体的な行動)に反映させることです。

本調査は以下の3つのセクションで構成されています。
セクション1:組織と業務の特徴について
セクション2:研修マネージャのコンピテンシーとパフォーマンスの重要性について
セクション3:あなたの経歴について
セクション4:追加のご意見

セクション1の回答には1分ほどかかります。4問の質問があります。

セクション2の回答には15分ほどかかります。14のコンピテンシーと95のパフォーマンス記述が用意されています。

セクション3には14の質問があり、回答に3分ほどかかります。

セクション4ではその他のご意見について聞かせてください。回答時間はコメントの内容によって変わります。

本調査に協力することによるリスクはほとんどありません。あなたからオンラインで集められた情報の安全と機密性は保証されていません。 しかし、機密性は情報技術で可能な範囲内で維持されます。 オンラインで収集された情報は傍受されたり、破損したり、紛失したり、破壊されたり、遅延が生じたり未到達であったり、さらにウイルスを含んでいる可能性もあります。

本調査ではあなたに直接利益をもたらすことを意図しておりません。 本調査の結果は、最新の研修マネージャのコンピテンシーセットの正当性を確認するために役立つものであり、その結果、研修マネージャの教育カリキュラムや専門性の開発養成の必要な変化に影響を及ぼすものです。

本調査におけるあなたの参加は匿名であり、任意です。

本調査に関する質問(英語での質問)があれば、ダーリーン・ラスエフト(Darlene Russ-Eft)へ電話(+1(541) 737-9373)かeメール(darlene.russeft@oregonstate.edu)でご連絡ください。また、日本語での質問は、鈴木克明宛(ksuzuki@kumamoto-u.ac.jp)にeメールで問い合わせください。

本研究プロジェクトにおける参加者としての権利について質問(英語での質問)がある場合は、オレゴン州立大学の倫理委員会(Institutional Review Board: IRB)人権保護担当まで電話(+1(541) 737-8008)またはeメール(IRB@oregonstate.edu)にてご連絡ください。また、日本語での質問は、鈴木克明宛(ksuzuki@kumamoto-u.ac.jp)にeメールで問い合わせください。

研修マネージャのibstipiスタンダード開発にご協力頂きまして感謝いたします。

本調査に引き続き協力頂くことで、上記にご同意いただけたものと見なされます。

T